お問い合わせ privacy policy

【9/29オンライン開催・参加無料】これからの地域コミュニティと会社のちょうどいい距離感とは?

2021年9月13日

和田志帆

地方移住やワーケーションなど、オンライン化の加速によってライフスタイルも多様化し、地方で暮らす、働くことに対しての関心が高まっている近年。

「地方で会社や会社員ができることってどんなこと?」
「地域におけるコミュニティの役割って?」
「地域と会社の関わり方の理想とは?」
「全国から見た高知県の働き方や高知の景色とは?」

今回のオンラインイベントでは、SHIFT PLUS代表の綿貫、日本最大級の地域経済カンファレンス主催「株式会社WHERE」代表の平林氏によるトップ対談が実現!

「地域」「コミュニティ」「会社」のキーワードを軸に、これから地域の中で会社が果たす役割から、人々のライフスタイル、地域のつながりについてまで、地域活性の最前線に立つ2人の代表が紐解いていきます。

◆こんな人におすすめ◆
・高知県をより良くしていきたい方
・地域を盛り上げたい、元気にしたい方
・地域とのつながりに興味のある方
・首都圏で地方とのつながりを強めたい方

◆開催概要◆

日時: 9月29日(水) 19:30~20:30
会場: オンライン(※ zoomを予定しております。)
参加費: 無料
主催:株式会社SHIFT PLUS

■お申込みは、Peatixのフォームまたは、以下申し込みフォームより受け付けております。
【Peatix】https://shiftplus-where-community.peatix.com/
【申し込みフォーム】https://forms.gle/7KF6r2TjtUFmKnVE9

◆申込締切日◆

9月27日(月) 正午

◆登壇者紹介◆


綿貫 健吾 氏(株式会社SHIFT PLUS 代表取締役)

12年間のBPO企業でコールセンターマネジメント・ソリューション営業を経験し、2017年に株式会社SHIFTへ入社。2019年2月SHIFTグループ企業であり、課題先進県と呼ばれる「高知」に本社を置くIT企業「株式会社SHIFT PLUS」の代表取締役に就任。
「地方にワクワクする仕事を増やし社会をより豊かに」という企業理念のもと、創業依頼毎年平均売上成長率130%以上と、高知県で圧倒的成長を続ける企業のトップとして、地方の課題と真っ向から日々向き合っている。


平林 和樹 氏(株式会社WHERE 代表取締役社長)

インターネット最大手にて、フルスタックエンジニアとして全社MVPを受賞。単身カナダへ渡航したのち、50社以上のITコンサルティングを経て株式会社CRAZYのオリジナルウェディングの事業推進に従事。その後、株式会社WHEREを創業し、「地域と人のつながりにイノベーションを起こす」ことをミッションに掲げ、各地域に中期滞在しながら「10地域10社」を実現するためのプラットフォーム創りに邁進している。


ファシリテーター 鈴木 康太氏(株式会社SHIFT PLUS 地方創生事業グループ グループ長)

静岡県出身。大学進学と同時に上京し、そのまま東京のHR系ベンチャー企業へ就職。HRサービスや、クラウド型BGMサービスなど、様々なITサービスの立ち上げに携わる。ローカルでの生き方や働き方に興味が湧き、2018年に高知県に移住。
SHIFT PLUSでは地域課題の解決を目指し新規事業立ち上げを経験、プライベートでは高知県内で2拠点生活を送り、公私ともに高知の暮らしを満喫中。

 

※後日イベント運営の裏側やレポートもアップ予定です!