お問い合わせ privacy policy

「防災の日」に備蓄品をチェックしました!

2021年9月1日

和田志帆

9日1日は「防災の日」ですね!

皆さん日頃から何か防災対策はされていますでしょうか?

SHIFT PLUSも自然災害など緊急事態が起こった際に備えて、非常食や水、防災グッズを社内に備蓄しています!

そこで今回はどんなものが備蓄されているのか、社内メンバーで備蓄品の確認・使い方のチェックから非常食の試食まで行うことに。

食料品の備蓄は「アルファ化米」「栄養機能食品の焼菓子」「缶入りパン」などです!

アルファ化米は、炊飯したお米を乾燥させ、水分を飛ばしたもの。

長期保存が可能で、通常の炊飯方法で炊き上げたお米と同じデンプン構造をしているため、お湯か水を加えるだけで美味しく食べれるという、非常食にぴったりのお米です。

早速どんな味がするのかみんなで試食♪

乾燥していて味は期待できないイメージを持っていましたが、冷めた状態でもしっかりと味がついていて「美味しい!」という声がたくさん上がりました!

また、缶入りパンも想像よりしっとり感があり、マフィンのような食感で非常食を食べているという感覚がなかったです。

それぞれクオリティの高さに驚いた試食会になりました。

続いて備蓄品のチェック!

今回は防災ラジオや不織布毛布を実際に使ってみることに!

大の大人がすっぽりと包まれる大きさ!

実際に毛布を触ると薄いのにしっかりとした温かさで、十分寒さをしのげる機能性が備わっていました。

非常時にどのような備蓄品があるのか、まずは事前に知ることで一人ひとりが防災対策への意識を深める機会になったのではないでしょうか。

定期的な防災対策を

高知県は南海トラフ沿いの地震により、津波の発生に伴う被害を受ける可能性が高い地域となっています。

そのため、緊急時には周辺環境や心理状態も普段とは異なってくることが想定できます。

会社としても地震を含めた緊急事態が起こった際に適切な対応ができるよう、日頃から今回のように定期的に対策を行っていきたいです。